« VOVO@新潟市 | トップページ | じじ&ばば@新潟市 »

2011年12月29日 (木)

東横 愛宕店@新潟市

先日FM KENTO主催のケント大学の講義「新潟ラーメン学〜東横編〜」を受けた時に12月末日まで使える割引券をもらいました。


Img_0230



そこで新潟の五大ラーメンのうちの一つ、巻系割スープ付き濃厚味噌ラーメンで有名な「東横」の愛宕店に行ってきました。

Img_0252_2


新潟五大ラーメンとは、今まで新潟四大ラーメンと言われていた「新潟市のあっさり醤油ラーメン」「巻のスープ割り付き濃厚味噌ラーメン」「燕三条の背脂こってり極太麺ラーメン」「長岡の生姜醤油ラーメン」に新しく「三条のカレーラーメン」を加えたの5つを言います。


店に入るとちょうど厨房には「新潟ラーメン学〜東横編〜」の安部教授が出ていました。

店内はテーブル席、小上がりがあります。

Img_0250


Img_0251_2


テーブル席に座りました。

Img_0233

メニューはこんな感じです。

Img_0236_2

レイアウトが以前と少し変わりましたね。


味噌ラーメン、醤油ラーメン、塩ラーメン、つけめん、油そば、ライスメニュー、おつまみ・単品料理等がありますがいつも頼むのは特製野菜味噌ラーメンです。



割スープについての説明も書いてあります。


Img_0237


12月の愛宕店限定メニューは檸檬豚骨釜揚げつけ麺でした。

Img_0235_2


これも興味深かったですが、やっぱりいつもの特製野菜味噌ラーメンの半熟煮卵・つぶつぶ背脂・にんにくトッピングにしました。


いつも割スープは使わないので注文時に「割スープはいいです。」とお願いしました。


特製野菜味噌ラーメン半熟煮卵・つぶつぶ背脂トッピング


Img_0239


にんにく

Img_0238_2


具はもやし・キャベツと大きなチャーシューとトッピングの半熟煮卵です。


Img_0240


丼を覆い尽くすチャーシューはかなり大きく半熟煮卵は黄身がいい感じです。

スープの表面は脂の層になっています。

Img_0241



味はかなり濃いめのみそ味ですが、このしょっぱさが癖になります。

Img_0242


トッピングのつぶつぶ背脂がたっぷりかかっています。


Img_0244



麺は縮れた極太麺です。


Img_0243_2

極太麺のしっかりした食感は食べごたえがあります。


オリジナルの味を食べたらニンニクと一味唐辛子を投入します。


Img_0245


Img_0247



完食です。

Img_0248


Img_0246_2

いつ食べても旨いですね、周期的に必ず食べたくなる味です。


これが完食の美学です。

器とそこの残ったものも何だか綺麗でしょ。

今回お邪魔したお店。

「東横 愛宕店」

[住]新潟県新潟市中央区愛宕2-2-3

[Tel] 025-282-2838

[営]平日・祝前日11:00~23:45(L.O.) 日曜・祝日11:00~22:00(L.O.)

[休] 無

[席] 62席

[P ] 有

↓参加しています。完食の美学を世界に広めるために一日一回それぞれワンクリックお願いします!!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

|

« VOVO@新潟市 | トップページ | じじ&ばば@新潟市 »

コメント

かなり前から拝見していたのですが、初めてコメントします。
東横の味噌をスープまで「完食」したことにびっくり。
僕は夜東横の味噌をたべると、「完食」しなくても必ず寝ていて喉が渇き、目が覚めます。

投稿: もんでお | 2011年12月29日 (木) 19時58分

>もんでおさん
初コメントありがとうございます。

基本「完食」なので例外なく東横もこうなります♪

当然ノドは乾きますけどね(笑)

投稿: satox | 2011年12月30日 (金) 14時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183107/53596005

この記事へのトラックバック一覧です: 東横 愛宕店@新潟市:

« VOVO@新潟市 | トップページ | じじ&ばば@新潟市 »