« ばるむ食堂@新潟市 | トップページ | おかず麺処 じじ&ばば@新潟市 »

2012年10月20日 (土)

もつ焼塩田屋@新潟市

昨日発売の新潟の情報誌「新潟week!」から雑誌掲載の依頼がありました。

Img_7377

依頼内容はグルメブロガーがイチオシの一品を紹介して欲しいということでしたので、大好きな2店舗から1品ずつ紹介させてもらいました。

こんな感じで載せてもらっちゃいました。

Img_7379_2

実際の記事の内容は「新潟WEEK!」10.19号を買って50ページを読んで下さい♪

そこで今回のブログ「完食の美学」は雑誌「新潟week!」10.19号との連動企画です!

1軒目は新潟県新潟市の飲屋街古町にあるもつ焼きの美味しいお店「もつ焼塩田屋」に行ってきました。

Img_6837_2

Img_6763

かわいい豚の提灯が目印です♪

Img_6839

Img_6838

博多にあるもつ焼塩田屋で修行した店主が地元新潟に戻ってきてオープンしたお店です。

Img_6766_2

店内はテーブル席とカウンタ―席があります。

Img_6764_2

Img_6765_2

カウンタ―席に座りました。

Img_6769_2

箸置きも豚です。

メニューはこんな感じです。

Img_6767_2

Img_6770_2

Img_6771

Img_6772_2

Img_6773_2

Img_6774

コースもあります。

Img_6777

ドリンクメニュー

Img_6775_2

Img_6776_2

ビールから日本酒・焼酎・ワイン等々、色々な種類のお酒があります。

まずはレモンチューハイを注文。

Img_6768_2

お通しは生キャベツです。

Img_6778_2

ごま油のタレにつけていただきます。

Img_6779_2

壁に貼ってあったメニューから和牛鉄生焼きを頼んでみました。

Img_6780

目の前で焼くために鉄板が準備がされます。

Img_6782_2

左からタン・ハツ・しんたまです。

Img_6784_2

ニンニク醤油かすだち塩でいただきます。

Img_6785_2

レモンチューハイをおかわり。

Img_6783_2

タン

Img_6786

ニンニク醤油につけて。

Img_6788_2

脂があって旨いですね。

すだち塩でもいただきます。

Img_6796_2

ハツ

Img_6789_2

Img_6791

肉厚で柔らかくて旨いです。

Img_6792

すだち塩でもいただきます。

Img_6797_2

しんたま

Img_6793_2

Img_6794

赤身だけあってしっかりした肉の食感がいいですね。

Img_6795_2

すだち塩でもいただきます。

Img_6798_2

牛串焼からハラミ(横隔膜)

Img_6803_2

かなり柔らかいです。

Img_6804

黒霧島ののみきり1.6合を。

Img_6805

三杯以上飲むならこれがお得です♪

牛串焼からハチノス(第二胃)

Img_6807

外はカリカリ中は柔らかです。

Img_6808_2

牛串焼からテール(尾肉)

Img_6809

脂が旨いです。

Img_6810

柚子ごしょうをつけて食べても美味しいです。 

Img_6812_2

アルファルファ

Img_6813

箸休めにちょうどいいですね。

豚串焼からノドブエ(気管)

Img_6814

これが今回「新潟week!」で紹介した一品です!

豚の気管をそのまま串打ちするのではなく、わざわざ細かく切って気管と気管の間に脂をはさんで串打ちするという手間がかかった一品というか逸品です。

Img_6815_2

カリカリとした食感の気管とその間の脂が香ばしくかなり旨いです。

必ず毎回頼んでしまいます。

白ネギ

Img_6817_2

火の入ったネギは甘いですね。

Img_6818

馬レバー

Img_6819

甘くて割としっかりした食感です。

Img_6820

ピリ辛酢モツ

Img_6823

ハチノス、ノドブエ、ハツが入っています。

芋焼酎鬼嫁をのみきりで。

Img_6836

Img_6840_2

グラスの外側に霜がつくまでかき回して飲むのが博多スタイルだそうです。

Img_6841_2

もつ鍋

Img_6827

赤センマイ、ギアラ、ハツ、丸腸、ハチノスが入っている新潟では珍しい本格的な博多もつ鍋です。

Img_6828

煮えてきました。

Img_7003_2

二段スープだれを入れて揚げゴボウを入れて完成です。

Img_7005

Img_7007

Img_7009

揚げゴボウの食感がいいですね。

Img_7011

柚子ごしょうを入れると酸味と果実味が加わってさらに旨いです。

Img_6834_2

Img_6832_2

Img_6833_2

普段あまり目にしないもつが食べられるのは嬉しいですね。

Img_7014

追加で博多春菊と博多の麩を入れます。

Img_7010

Img_7013

春菊にはスープをかける程度で食べるくらいがちょうどいいです。

Img_7015

麩がスープを吸って旨いのに加え、春菊のさっぱり感がいいですね。

Img_7017

春菊の苦味が大人の味です。

〆はちゃんぽん麺です。

Img_7018

スープの旨味をちゃんぽん麺が吸い取ります。

Img_7019

麺が旨いですね。

Img_7021_2

完食です。

Img_6781_2

Img_6799

Img_6800_2

Img_6801

Img_6802_2

Img_6806

Img_6811_2

Img_6816_2

Img_6821_2

Img_6822

Img_6824

Img_6825

Img_6826

Img_6835_2

Img_6844

Img_6845

Img_6846

Img_7022

Img_7023_2

これが完食の美学です。

器とそこの残ったものも何だか綺麗でしょ。

今回お邪魔したお店。

「もつ焼塩田屋」

[住]新潟県新潟市中央区古町通8番町1508永喜多ビル1F

[Tel]025-222-9533

[営]18:00~3:00(LO2:00) 日曜18:00~1:00(LO24:00)

[休]第2日曜

[席]24席

[P ]無

↓参加しています。完食の美学を世界に広めるために一日一回それぞれワンクリックお願いします!!このワンクリックがブログ更新の励みになります!!!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

|

« ばるむ食堂@新潟市 | トップページ | おかず麺処 じじ&ばば@新潟市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もつ焼塩田屋@新潟市:

« ばるむ食堂@新潟市 | トップページ | おかず麺処 じじ&ばば@新潟市 »