« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

そばの山文 古町本店@新潟市

新潟県新潟市中央区古町通6の「そばの山文」に行ってきました。

Img_0120

平日ランチタイムはそば中盛無料です。

Img_0121

店内はテーブル席があります。

Img_0124

メニューはこんな感じです。

Img_0125

Img_0126

Img_0127

壁にもオススメメニューが貼ってあります。

Img_0122

Img_0123

鴨せいろの中盛りにしました。

Img_0129

冬の間に一回は食べたいメニューですね。

水とお茶が出ます。

Img_0128

鴨せいろ

Img_0131

薬味

Img_0134

つけ汁

Img_0133

蕎麦

Img_0132

まず蕎麦だけ食べてみます。

Img_0137

シコシコとしたかための食感が美味しいですね。

薬味をつけ汁に入れます。

Img_0136

つけ汁には鴨肉とネギが入っています。

Img_0139

つけ汁に蕎麦をつけます。

Img_0141

鴨の脂が出たつけ汁が美味しいです。

蕎麦湯

Img_0135

残ったつけ汁に蕎麦湯を入れます。

Img_0146

あっさりとした蕎麦湯です。

Img_0147

完食です。

Img_0138

Img_0142

Img_0143

Img_0144

Img_0148

Img_0149

Img_0150

これが完食の美学です。

器とそこの残ったものも何だか綺麗でしょ。

今回お邪魔したお店。

「そばの山文 古町本店」

[住] 新潟県新潟市中央区古町通6番町974

[Tel]025-222-3027

[営]11:00~22:00(L.O.21:50)

[休]無

[席]56席

[P ]無

↓参加しています。完食の美学を世界に広めるために一日一回それぞれワンクリックお願いします!!このワンクリックがブログ更新の励みになります!!!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

燦燦@新潟市

新潟県新潟市の飲屋街古町にある「燦燦」に行ってきました。

Img_4001

入り口で靴を脱いで上がる店内はカウンター席とテーブル席があります。

Img_4002

Img_4106

奥には個室風な席もありました。

Img_4003

メニューはこんな感じです。

Img_4010

Img_4011

Img_4012

Img_4013

Img_4017

おすすめメニューもありました。

Img_4005_1

ドリンクメニュー

Img_4008

Img_4009

Img_4018

季節の地酒

Img_4006

まずはブラウマイスターで乾杯です。

Img_4014

お通し

Img_4015

おひたしでした。

軍鶏とりわさ

Img_4019

海苔と三つ葉が合いますね。

Img_4020

軍鶏の生の食感と味がたまりません。

Img_4021

カキと下仁田ねぎホイル焼

Img_4022

カキがたっぷり入っています。

Img_4023

カキの旨味と下仁田ねぎの甘さが美味しいです。

Img_4032

造り 盛り合わせ

Img_4024

寒ブリ、活バイ貝、活タコ、〆サバです。

Img_4025

寒ブリ

Img_4066

脂のってます。

活バイ貝

Img_4048

食感がいいですね。

活タコ

Img_4068

柔らかいです

ヒラメ

Img_4067

身がしまってますね。

〆サバ

Img_4047

浅〆で脂がのってます。

山芋

Img_4042

シャキシャキです。

Img_4043

鶴齢しぼりたて純米生原酒

Img_4044

原酒らしい旨味がありますが飲みやすいです。

はつ(心臓)、白きも(脂肪肝)、銀皮(砂肝のえんがわ)

Img_4049

はつ(心臓)

Img_4051

食感がいいですね。

白きも(脂肪肝)

Img_4052

柔らかくて半生です。

銀皮(砂肝のえんがわ)

Img_4053

砂肝より柔らかくて、でもコリコリしています。

ぼんじり(テール)

Img_4054

プリプリで脂が美味しいです。

Img_4058

せせり(首肉)、ねぎま(ももと九条ねぎ)

Img_4056

せせり(首肉)

Img_4065

弾力のある肉が美味しいです。

ねぎま(ももと九条ねぎ)

Img_4073

ネギが旨いです。そして肉が合います。

つくね

Img_4057

肉肉しい軟骨入りです。

Img_4062

ちょうちん(玉ひも)

Img_4059

卵は生です。

Img_4070

濃厚な卵黄液が口の中に広がります。

浅漬けとチーズの塩昆布和え

Img_4063

あっさりとカマンベールチーズの濃厚な味がマッチしています。

Img_4064

軍鶏スープ雑炊

Img_4045

軍鶏の出汁がきいていて美味しいです。

Img_4046

肉味噌的なのがのってます。

酒盗のピザ

Img_4081

酒盗がアンチョビ的な感じですね。

Img_4082

自家製リッチレモンサワー

Img_4089

爽やかなレモンの風味と苦味が美味しいです。

おしんこ盛り合わせ

Img_4077

軍鶏そぼろご飯

Img_4092

軟骨入りの食感のいいそぼろです。

Img_4093

味濃いめでごはんがすすみます。

Img_4095

黄身の濃厚さが加わってさらに美味しいです。

Img_4096

軍鶏スープ

Img_4094

旨味たっぷりです。

完食です。

Img_4016

Img_4034

Img_4055

Img_4060

Img_4061

Img_4069

Img_4071

Img_4074

Img_4075

Img_4076

Img_4078

Img_4079

Img_4080

Img_4090

Img_4091

Img_4098

Img_4101

Img_4102

Img_4103

これが完食の美学です。

器とそこの残ったものも何だか綺麗でしょ。

今回お邪魔したお店。

「燦燦」

[住]新潟県新潟市中央区西堀前通八番町1518 カシマヤビル 1F

[Tel]025-224-3776

[営]月~土 18:00~翌3:00 日・祝18:00~翌1:00

[休]木曜日・第3水曜日

[席]24席

[P ]無

↓参加しています。完食の美学を世界に広めるために一日一回それぞれワンクリックお願いします!!このワンクリックがブログ更新の励みになります!!!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

タイ家庭料理ちゃど改@新潟市

新潟県新潟市の台所本町の人情横丁にある「タイ家庭料理ちゃど改」に行ってきました。

Img_0021

Img_0044

店内はカウンター席4席のみで小さいです。

Img_0022

ランチメニューはこんな感じです。

Img_0023

シンハビールもあります。

Img_2369

壁にもメニューが貼ってあります。

Img_0026

Img_0027

トムヤムクンヌードルにしました。

Img_0024

サラダ

Img_0025

トムヤムクンヌードル

Img_0034

具はひき肉、もやし、エビ、すり身団子、薬味ねぎ、パクチーです。

Img_0035

スープは赤くて辛そうです。

Img_0036

レモングラスも入っていてすっぱ辛いスープです。

Img_0038

辛さで体が温まって寒い時にもいいですね。

麺は中細麺で独特な食感ですね。

Img_0039

食後のドリンクはアイスコーヒーにしました。

Img_0041

完食です。

Img_0040

Img_0033

Img_0043

これが完食の美学です。

器とそこの残ったものも何だか綺麗でしょ。

今回お邪魔したお店。

「タイ家庭料理ちゃど改」

[住]新潟県新潟市中央区上大川前通6-1202 本町中央市場内

[Tel]無

[営]11:00〜15:00(L.O.14:30) 17:00〜20:00(L.O.19:30)

[休]不定休

[席]4席

[P ]無

↓参加しています。完食の美学を世界に広めるために一日一回それぞれワンクリックお願いします!!このワンクリックがブログ更新の活力になります!!!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月24日 (火)

中華そば来味 東堀店@新潟市

新潟県新潟市の東堀にある「中華そば来味 東堀店」に行ってきました。

Img_4614

店内はカウンター席とテーブル席があります。

Img_4595

Img_4593

メニューはこんな感じです。

Img_4605

中華そば普通盛りにしました。

中華そば普通盛り

Img_4596

具はチャーシュー、メンマ、ナルト、薬味ネギです。

Img_4597

チャーシューはバラ肉で味濃いめです。

Img_4606_2

スープは少し濁った煮干しと動物系の旨味を感じる醤油味です。

Img_4598

表面には結構油が浮いています。

Img_4599

麺は細麺です。

Img_4603

完食です。

Img_4612

これが完食の美学です。

器とそこの残ったものも何だか綺麗でしょ。

今回お邪魔したお店。

「中華そば来味 東堀店」

[住] 新潟市中央区中央区東堀通6番町1035-1

[Tel] 025-224-0012

[営]11:00〜23:00 スープなくなり次第終了

[休] 火曜

[席] 18席

[P ] 無

↓参加しています。完食の美学を世界に広めるために一日一回それぞれワンクリックお願いします!!このワンクリックがブログ更新の励みになります!!!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土)

KABCO@六本木

肉フェス常勝店「格之進」の新業態新店舗「KABCO」が昨年10月27日に六本木でオープンしてからずっと行きたかったんですが、先日やっと行くことができました。

六本木グランドプラザの3Fにお店はあります。

Img_4283

エレベーターを3Fで降りるとそこは外。ビルの3Fとは思えないペントハウスのような建物に「KABCO」はあります。

店名のKABCOはKanzaki Aging Beef Crossing Oceansの頭文字です。

Img_4284

海の恵みと大地の恵みを掛け合わせたという旨味の相乗効果を堪能できるお店です。

入り口には熟成肉と牡蠣が入った冷蔵庫があります。

Img_4422

高級感あふれる店内にはソファー席やテーブル席があります。

Img_4287

コースは9,800円12,000円15,000円とあり、それぞれ値段とともに食材の質が上がっていきます。

Img_4293

最初なので9,800円のコースにしました。

ドリンクはそれぞれの料理に合わせた6000円のコースワインにしました。

Img_4294

テーブルには変わった形のお皿が用意してあります。

Img_4290

まずはスパークリングワインで乾杯です。

Img_4292

De Bortoli Lorimer Rose Sparkling

Img_4291

メニューの釜×牡蠣まではこのスパークリングワインを合わせます。

〜海と大地のDessin〜

Img_4295

まずはドリンク等を決めるまでの前菜的な軽い3品

1番下がピザスフレです。

Img_4296

中には雲丹が入っています。

Img_4302

真ん中はパイ生地の上にパテドカンパーニュ

Img_4297

スパークリングワインに合いますね。

Img_4303

1番上が牡蠣のコンフィ

Img_4298

なんとこの牡蠣、牛脂でコンフィしてあります。

Img_4305

釜×牡蠣

Img_4307

特注釜で焼いた牡蠣の上にはローストビーフがのっています。

Img_4308

塩気は牡蠣の塩気のみです。

Img_4309

牡蠣と肉が合います。

Img_4310

旨いものに旨いものをのせたら旨いだろという簡単な話ではなく、双方の旨味を上手く引き出しているところがスゴイです。

これが序章とかもう最高過ぎますね。

次いの料理に合わせた白ワインへ。

Img_4313

Les Arums de Lagrange 2014

Img_4315

青紫×バラ

Img_4314

ワインでマリネした鯖、その下にはバラ肉ベーコンと紫キャベツのソテーです。

Img_4316

全体にはカリフラワー・オリーブ・卵を細かくしたものがかかっています。

鯖とバラ肉ベーコンが合うの!?と思ったけどこれが合うんです。

Img_4317

鯖の皮目が炙ってあって、バラ肉ベーコンとの香ばしさの相乗効果がスゴイ!

海×山に合わせた白ワインへ。

Img_4336

Rutz Cellars Proprietor's Reserve Chardonnay 2012

Img_4335

海×山

Img_4326

その料理の本体がソースという驚き!

Img_4327

緑の小松菜ソースが「山」です。

Img_4332

小松菜のソースはまるでフレッシュジュースの様です。

Img_4341

イチゴジュースの様な酸味を感じました。

Img_4345

この小松菜は土からこだわって作っているという農家さんから仕入れているそうで、試しに生で食べさせてもらったら美味しかったです。

Img_4347

白いホタテのソースが「海」です。

Img_4331

貝の旨味が出ています。

Img_4342

乾燥肉が添えてあり野菜をそれぞれのソースでいただきます。

Img_4333

一緒に釜焼きパンが出てきます。

Img_4337

もちもちしたパンです。

Img_4343

このパンだけでも美味しいです。

Img_4351

残ったソースはこれでいただきます。

Img_4352

海藻×熟成肉に合わせて今度は赤ワインです。

Img_4358

L'Arco Valpolicella Ripasso Classico Superiore 2011

Img_4357

海藻×熟成肉

Img_4359

上も下もシャトーブリアンですが熱源が違います。

上はオーブンで火を入れたもの。

Img_4360

下は釜焼きです。

Img_4361

釜焼きしたシャトーブリアンの下には、海ぶどう・ツブ貝・海藻がしいてあります。

海苔みたいに見えるのはワカメチップスです。

熱源の違いを感じさせる一皿なんて今まで食べたことないですね。

オーブンで焼いた肉はクレソンとともにいただきます。

Img_4364

釜で焼いたものは海藻等と一緒にいただきます。

Img_4362

もちろんシャトーブリアンなのでオーブンで焼いたものも柔らかいんですが、釜で焼いたものは超柔らかいです!

最後は牡蠣に合う牡蠣ための日本酒です。

Img_4392

山和 純米吟醸 yamawa for oyster

Img_4391

牡蠣肉×ぶくぶく

Img_4369

器の中に生の牡蠣と肉と野菜が入っています。

Img_4370

Img_4371

牡蠣

Img_4372

きのこ

Img_4373

春菊

Img_4374

300度に熱した土鍋に牡蠣と肉ときのこを入れて半生でいただく料理です。

Img_4375_1

Img_4376_1

Img_4377_1

火の入れ加減はお好みで。

Img_4378

グツグツしています。

Img_4379

せっかくなので半生でいただきました。

Img_4380

旨味の重なり合いが絶品ですね。

ちょっと火が入った状態でもいただきます。

Img_4383

残ったスープに生卵入りのおにぎりを入れて〆にします。

Img_4381

味が濃かったらこの出汁を入れます。

Img_4382

このおにぎりもこだわりの岩手産米が使われています。

Img_4384

固めのに炊かれた米をスープに混ぜます。

Img_4386

牡蠣と肉ときのこの旨味を吸った米がまたこの日本酒と合います。

Img_4388

口直しのシャーベット

Img_4400

バジル・青リンゴ・ライム味でさっぱりしています。

Img_4402

ショコラ×肉ジャム

Img_4406

チョコと、イチジクと肉を煮込んだジャムのケーキです。

Img_4408

ここまで肉へのこだわりがはいっています。

小さなクリームはマロンクリームです。

Img_4418

コーヒー、フィナンシェ

Img_4419

今まで食べたことないような料理の数々で五感が刺激されっぱなしのコースでした。

完食です。

Img_4306

Img_4311

Img_4312

Img_4324

Img_4325

Img_4350

Img_4353

Img_4354

Img_4355

Img_4365

Img_4366

Img_4385

Img_4395

Img_4396

Img_4403

Img_4420

Img_4421

これが完食の美学です。

器とそこの残ったものも何だか綺麗でしょ。

今回お邪魔したお店。

「KABCO」

[住]東京都港区六本木3-1-25 六本木グランドプラザ3F

[Tel]03-6277-8229

[営]18:00~23:00(L.O.21:00)

[休]日曜日

[席]22席

[P ]無

↓参加しています。完食の美学を世界に広めるために一日一回それぞれワンクリックお願いします!!このワンクリックがブログ更新の励みになります!!!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月19日 (木)

西園食堂@上野動物園

上野動物園のジャイアントパンダが繁殖に向けた準備で目隠しのためのフェンスを設置してしばらく見れなくなるというニュースを見てその前に一回見よう思い行ってきました。

Img_4512

まだ普通に外で二頭とも見ることが出来ました。

Img_4453

パンダを見た後、西園にある「西園食堂」に行きました。

Img_4473

西園小獣館前にあるセルフサービス方式のレストランです。

Img_4474

メニューはこんな感じです。

Img_4475

チキンから揚げ、フライドポテト、ミートスパゲティ、生ビールを頼みました。

店内にテーブル席と外にもテラス席があります。

Img_4476

Img_4498

Img_4500

セルフサービスなのでカウンターで受け取って席に移動します。

Img_4478

生ビール

Img_4481

象やキリンやハシビロコウが描いてあるコップが可愛いですね。

チキンから揚げ

Img_4479

ビールがすすみます。

Img_4490

フライドポテト

Img_4480

ミートスパゲティ

Img_4482

昔から食べている感じのミートソースです。

Img_4483

粉チーズをかけます。

Img_4484

久しぶりに食べると割と美味しいですね。

Img_4485

完食です。

Img_4489

Img_4491

Img_4494

Img_4497

これが完食の美学です。

器とそこの残ったものも何だか綺麗でしょ。

今回お邪魔したお店。

「西園食堂」

[住]東京都台東区上野公園9-83 上野動物園内

[Tel]03-3828-5171

[営]10:00~17:00(L.O.16:30)

[休]月曜日(上野動物園に準ずる)

[席]136席

[P ]無

↓参加しています。完食の美学を世界に広めるために一日一回それぞれワンクリックお願いします!!このワンクリックがブログ更新の励みになります!!!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

白寿@新潟市

毎日寒いですね、こんな日に食べたくなるのがとろとろアツアツのうま煮そばです。

Img_4146

新潟県新潟市でうま煮そばが有名な「白寿」に行ってきました。

店内はカウンター席と小さいテーブル席2つでこじんまりとしたお店です。

Img_9013

Img_4109

メニューはラーメンとうま煮そばのみでどちらも500円です。

Img_4108

いつもうま煮そばを注文します。

今時ワンコインで食べられるのは嬉しいですね。

うま煮そば

Img_4111

麺の上にキャベツ・もやし・玉ねぎ・挽肉・溶き卵の入ったニンニク・生姜がきいた熱々トロトロのうま煮がかかります。

Img_4112

うま煮の野菜は白菜とキャベツの時がありますが、今回はキャベツでした。

キャベツの甘みを感じます。

うま煮が混ざる前のスープは澄んだあっさり系です。

Img_4113

あっさりした中に旨味のあるスープです。

Img_4114

だんだんとうま煮とスープが混ざります。

Img_4117

麺は縮れた極細麺でとろとろのうま煮がよく絡みます。

Img_4115

完食です。

Img_4118

これが完食の美学です。

器とそこの残ったものも何だか綺麗でしょ。

今回お邪魔したお店。

「白寿」

[住] 新潟県新潟市中央区西堀前通6-900-2  

[Tel]025-229-5484

[営]11:30~21:30

[休]不定休

[席]14席

[P ]無

↓参加しています。完食の美学を世界に広めるために一日一回それぞれワンクリックお願いします!!このワンクリックがブログ更新の励みになります!!!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

讃岐うどん屋どんどらさん@新潟市

一晩で一気に雪景色になった新潟県新潟市ですが、こんな時は温かいうどんが食べたくなります。そこで新潟県新潟市の台所本町にある「讃岐うどん屋どんどらさん」に行ってきました。

Img_4119

古町にある「宇宙色の鼻」、駅前にある「魚魯こ」の姉妹店ですね。

夜は大衆居酒屋あくる屋になります。

店の前には写真入りのメニューもありました。

Img_4120

入り口で靴を脱いで上がります。

Img_4136

店内は掘りごたつ式のカウンタ―席とちゃぶ台の席があります。

水やお茶、おしぼりはセルフサービスです。

Img_03891

メニューはこんな感じです。

Img_4123

Img_4124

季節限定のメニューもありました。

Img_4126

寒い日に食べたい温かいうどんと言えば鍋焼きうどんですね。

Img_4125

鍋焼きも3種類ありますが定番の鍋焼きうどんにしました。

うどんが取り皿と一緒にお盆にのって運ばれてきます。

Img_4127

鍋焼きうどん

Img_4128

具は天ぷら(ごぼう・かぼちゃ・とり)、ネギ、かまぼこ、わかめ、豆腐、温泉卵、ほうれん草です。

Img_4129

つゆはあっさりした中にいりこの旨味を感じます。

Img_4131

熱々で温まります。

Img_4132

うどんはもちもちして美味しいです。

Img_4133

鍋が熱いので最初は取り皿にとっていただきます。

Img_4134

少し食べたら七味唐辛子を入れます。

Img_4135

さらに温まりますね。

温泉卵を崩します。

Img_4139

黄身が絡んで濃厚な味になります。

完食です。

Img_4141

Img_4142

これが完食の美学です。

器とそこの残ったものも何だか綺麗でしょ。

今回お邪魔したお店。

「讃岐うどん屋どんどらさん」

[住]新潟県新潟市中央区本町通6番町1105番地山新ビル1階

[Tel]025-224-2727

[営]11:00~15:00

[休]日曜日

[席]26席

[P ]無

↓参加しています。完食の美学を世界に広めるために一日一回それぞれワンクリックお願いします!!このワンクリックがブログ更新の励みになります!!!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月12日 (木)

鵬龍@新潟市

新潟県新潟市の台所「本町」の青海ショッピングセンター内にある「鵬龍」に行ってきました。

Img_3112

ショッピングセンターの中にある店内はカウンター席とテーブル席があります。

Img_3113

メニューはこんな感じです。

Img_3114

水餃子麺にしました。

Img_3117

水餃子麺

Img_3118

具は、ワカメ、薬味ねぎ、水餃子、ゆで卵です。

Img_3119

水餃子は5つ入っていました。

Img_3120

モチモチした皮の水餃子です。

Img_3124

スープは醤油味です。

Img_3121

鰹節も入っていて和風な感じです。

Img_3122

麺は細麺です。

Img_3123

完食です。

Img_3125

これが完食の美学です。

器とそこの残ったものも何だか綺麗でしょ。

今回お邪魔したお店。

「鵬龍」

[住]新潟県新潟市中央区本町通6-1114-1 青海ショッピングセンター1F

[Tel]025-229-3028

[営]11:00~21:00 木曜日11:00〜15:00

[休]無

[席]20席

[P ]無

↓参加しています。完食の美学を世界に広めるために一日一回それぞれワンクリックお願いします!!このワンクリックがブログ更新の励みになります!!!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

らーめん燈 -AKARI-@新潟市

新潟県新潟市中央区上近江にある「らーめん燈 -AKARI-」に行ってきました。

Img_3834

店内はテーブル席、ソファー席、カウンター席があります。

Img_3812

Img_3832

Img_3817

メニューはこんな感じです。

Img_3809

Img_3810

初めて来たので太字の多分オススメから選んでみました。

時間帯でミニチャーハンが安かったのでそれも頼みます。

Img_3808

野菜とんこつにミニチャーハンのセットにしました。

野菜とんこつミニチャーハンセット

Img_3819

野菜とんこつ

Img_3821

具はたくさんの野菜とアサリ等の海鮮が少しです。

Img_3822

ちゃんぽんにのってる具と同じ感じですね。

スープは白濁したとんこつスープです。

Img_3823

あっさり系のとんこつに野菜の旨味が混ざっています。

Img_3824

麺はモチモチした太麺です。

Img_3825

ちょっと食べたら生姜を溶きます。

Img_3826

さらに紅生姜を入れてみます。

Img_3828

ミニチャーハン

Img_3820

具はチャーシューとネギでシンプルです。

味は薄めですがスープと一緒に食べるとちょうどいいです。

Img_3827

今はつけめんに力を入れているそうなので次回はつけめんを食べてみたいと思います。

完食です。

Img_3829

Img_3830

これが完食の美学です。

器とそこの残ったものも何だか綺麗でしょ。

今回お邪魔したお店。

「らーめん燈 -AKARI-」

[住]新潟県新潟市中央区上近江2-261-1

[Tel]025-284-6773

[営]11:00~21:00(20:30LO) 火曜11:00~15:00(14:30LO)

[休]月に2日不定休

[席]30席

[P ]有

↓参加しています。完食の美学を世界に広めるために一日一回それぞれワンクリックお願いします!!このワンクリックがブログ更新の励みになります!!!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

じじ&ばば@新潟市

新潟県新潟市の飲屋街古町にある〆の行きつけ「じじ&ばば」に行ってきました。

Img_3393

店内はカウンターと小上がりがあります。

Img_3409

Img_3410

メニューはこんな感じです。

Img_3396

Img_3397

Img_3398

Img_3399

Img_3400

Img_3401

Img_3402

Img_3403

本日おすすめ

Img_3421

とりあえず瓶ビール。

Img_3404

お通しです。

Img_3405

タコ刺しでした。

まずはいつもの餃子。

Img_3411

綺麗に焼かれた餃子とビールが最高です。

Img_3412

タレにつけます。

Img_3417

かなりニンニクが効いています。

アジフライ

Img_3416

こういう定番メニューも美味しいです。

ねぎチャーシュー(ピリ辛)

Img_3413

バラ肉チャーシューの上に辛ネギがのっています。

Img_3414

わさびをつけて食べます。

Img_3418

くじら汁

Img_3423

新潟の夏によく食べるくじら汁ですが、じじ&ばばには通年あるメニューです。

一味唐辛子をかけていただきます。

Img_3424

厚切ハムカツ

Img_3425

かなりの厚切りです。

〆には人気No.1の麻婆ラーメンのちょい辛とジャージャーメンのスープなしと担担メンのちょい辛を注文しました。

麻婆ラーメンちょい辛

Img_3428

麻婆の辛さはちょい辛が一番美味しいです。

具は麻婆豆腐と薬味ネギです。

Img_3430

つるつるとした食感の豆腐と沢山入った薬味ネギが旨いです。

坦坦メンちょい辛

Img_3435

胡麻の味が濃厚です。

Img_3436

ジャージャーメンのスープなし

Img_3431

具は甘辛の肉味噌餡とキュウリです。

Img_3432

よく混ぜ合わせます。

Img_3433

ねっとりとした甘辛の肉味噌餡が縮れた中細麺に絡みます。

完食です。

Img_3406

Img_3407

Img_3419

Img_3420

Img_3422

Img_3426

Img_3427

Img_3434

Img_3437

Img_3438

これが完食の美学です。

器とそこの残ったものも何だか綺麗でしょ。

今回お邪魔したお店。

「じじ&ばば」

[住] 新潟県新潟市中央区古町通9番町1465-2

[Tel] 025-224-2900

[営]20:00〜4:00(LO3:30)

[休]日曜祝日

[席]22席

[P ] 無

↓参加しています。完食の美学を世界に広めるために一日一回それぞれワンクリックお願いします!!このワンクリックがブログ更新の励みになります!!!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

麺家 誠@新潟市

あけましておめでとうございます。今年も完食の美学をよろしくお願いします。

2017年の一回目は新潟県新潟市中央区上近江にある「麺家 誠」に行ってきました。

Img_3736

今年のラーメン始めです。

食券を買うシステムです。

Img_3742

おすすめメニューが貼ってありました。

Img_3739

メニューはこんな感じです。

Img_3743

ラーメンと当店推しメンメニューの特製唐揚げ6ケとライス(中)200gにしました。

ラーメンは太麺と細麺が選べたので太麺にしました。

店内はカウンター席、テーブル席、小上がりがあります。

Img_3744

Img_3769

Img_3745

ライス(中)200g

Img_3754

特製唐揚げ6ケ

Img_3761

衣はカラッと揚がっていて、肉はジューシーです。

Img_3762

ニンニクが効いています。

Img_3763

ラーメン

Img_3755

具はメンマ、豚肉、玉ねぎ、薬味ネギ、卵黄です。

Img_3756

薄い豚肉は甘じょっぱく味付けされています。

Img_3766

スープは豚骨醤油味です。

Img_3757

これがライスと合います。

Img_3758

麺は中太麺です。

Img_3760

ノーマルの味で少し食べたらニンニクを入れます。

Img_3765

さらに食べ進めて卵黄を崩します。

Img_3772

麺と絡んでまた違った味わいになります。

Img_3773

完食です。

Img_3777

Img_3778

Img_3779

これが完食の美学です。

器とそこの残ったものも何だか綺麗でしょ。

今回お邪魔したお店。

「麺家 誠」

[住]新潟県新潟市中央区上近江3-2-27

[Tel]025-288-1123

[営]11:00~15:00 18:00~22:00

[休]火曜日

[席]32席

[P ]有

↓参加しています。完食の美学を世界に広めるために一日一回それぞれワンクリックお願いします!!このワンクリックがブログ更新の励みになります!!!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »