« 燦燦@新潟市 | トップページ | 鵬龍@新潟市 »

2017年1月31日 (火)

そばの山文 古町本店@新潟市

新潟県新潟市中央区古町通6の「そばの山文」に行ってきました。

Img_0120

平日ランチタイムはそば中盛無料です。

Img_0121

店内はテーブル席があります。

Img_0124

メニューはこんな感じです。

Img_0125

Img_0126

Img_0127

壁にもオススメメニューが貼ってあります。

Img_0122

Img_0123

鴨せいろの中盛りにしました。

Img_0129

冬の間に一回は食べたいメニューですね。

水とお茶が出ます。

Img_0128

鴨せいろ

Img_0131

薬味

Img_0134

つけ汁

Img_0133

蕎麦

Img_0132

まず蕎麦だけ食べてみます。

Img_0137

シコシコとしたかための食感が美味しいですね。

薬味をつけ汁に入れます。

Img_0136

つけ汁には鴨肉とネギが入っています。

Img_0139

つけ汁に蕎麦をつけます。

Img_0141

鴨の脂が出たつけ汁が美味しいです。

蕎麦湯

Img_0135

残ったつけ汁に蕎麦湯を入れます。

Img_0146

あっさりとした蕎麦湯です。

Img_0147

完食です。

Img_0138

Img_0142

Img_0143

Img_0144

Img_0148

Img_0149

Img_0150

これが完食の美学です。

器とそこの残ったものも何だか綺麗でしょ。

今回お邪魔したお店。

「そばの山文 古町本店」

[住] 新潟県新潟市中央区古町通6番町974

[Tel]025-222-3027

[営]11:00~22:00(L.O.21:50)

[休]無

[席]56席

[P ]無

↓参加しています。完食の美学を世界に広めるために一日一回それぞれワンクリックお願いします!!このワンクリックがブログ更新の励みになります!!!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

|

« 燦燦@新潟市 | トップページ | 鵬龍@新潟市 »

コメント

鴨つけ、いいですね。
食べ方としては、
先に鴨や葱など具材で口内をしょっぱくしてから
蕎麦を直に啜るという手もアリかなと…。
こうすると蕎麦の香も味わえて、汁も冷めませんので。

投稿: 早川みどり | 2017年2月 2日 (木) 03時22分

>早川みどりさん
冬には鴨せいろが食べたくなりますね。

そういう食べ方はしたことなかったです。
なんだか粋ですね。

投稿: satox | 2017年2月 3日 (金) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そばの山文 古町本店@新潟市:

« 燦燦@新潟市 | トップページ | 鵬龍@新潟市 »