フォト

Twitter

  • satox_japanをフォローしましょう
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

時計

↓参加しています。このワンクリックでランキングがあがると毎日更新の励みになります!!!

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月15日 (火)

味玉&チャーシュー作り うまソースver

ブルドックうまソースのモニターに当選したので自作ラーメンブログらしく、うまソースを使って味玉&チャーシューを作ってみました。

うまソースの料理レシピ
うまソースの料理レシピ

うまソース2本、レシピブック2冊が送られてきました。

Img_4956_2

レシピブックの中にもチャーシュー&味玉の作り方がありましたが煮豚ではなくここでは文字通り「焼豚」、焼くチャーシューのレシピです。

うまソースの特徴は中濃ソースのうまいところ(野菜・果実の旨味、10種類以上のスパイス)、たれのうまいところ(しょうが・ガーリックの風味)、つゆのうまいところ(かつおと昆布の旨味)がつまっているそうなので、いつもの味玉・チャーシュー作りで使用するほとんどの旨味が入っていることになります。

材料(3人分)、、、

Img_4954_2

水 200ml

うまソース 300ml

豚肩ロース肉 600g

卵 3個

まずは味玉作りです。

(1)冷蔵庫から出した冷えた状態の卵のお尻に画鋲等で穴を開けます。

P1150570_2

P1150571_2

P1150572_2

(2)鍋に水を入れ沸騰させます。

P1150579

(3)冷えたままの卵を沸騰したお湯の中に入れます。

Img_4961

(4)ゆで時間はきっかり6分30秒。

P1150589_2

(5)時間になったらすぐに冷水に浸し冷やします。

P1150588

(6)殻は全体にひびを入れてから剥くと綺麗に剥けます。

P1150590_2

(7)半熟ゆで卵の出来上がりです。

(8)出来上がった半熟ゆで卵をうまソースと水を3:2の割合で薄めたタレに入れます。

Img_4963

(9)4時間経ったら半熟味玉の出来上がりです。

Img_4979_2

Img_4980

次にチャーシュー作りです。

[1]豚肩ロース肉をボウルに入れ、うまソースと水を3:2の割合で薄めたタレに入れます。

Img_4957

塊なのであらかじめフォークで数カ所刺しておくと味が染みやすいです。

Img_4959

4時間ほどつけます。

Img_4964

[2]オーブンに入れ180度で50分焼きます。

Img_4971

[3]完成です。

Img_4973

真ん中を切ってみます。

Img_4976

ジューシーなチャーシューの出来上がりです。

Img_4978

これでチャーシューと味玉が出来上がりました。

Img_4981

実食!!

Img_4983_4

味玉の半熟具合はいつも通りですね。

チャーシューは味は薄めですがちゃんとついていて、柔らかくジューシーです。

<まとめ、今後の課題>

ジューシーなチャーシューが出来た。

味は薄めなので濃い味にしたい場合はソースの割合をもう少し上げると良い。

うまソースは色々な旨味が混ざっているソースなので普通のソースで漬けた感じの味ではなく美味しかった。

これがラーメン道です。次回もお楽しみに!

↓参加しています。ラーメン道を世界に広めるために一日一回それぞれワンクリックお願いします!!このワンクリックがブログ更新の励みになります!!!

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ